東京都立東京港野鳥公園 ネイチャーセンター

平成28年11月5日にリニューアルオープンした東京都立東京港野鳥公園内に建つネイチャーセンターの常設展示製作を手掛けました。

この公園は、東京湾岸の埋立地に自然にできた池や原っぱから期せず再生された自然を活用して設立された24.9ヘクタール規模の広大な公園で、年間120種類もの野鳥が来訪します。

「潮入りの池」の端に建つネイチャーセンター内の展示スペースには、建物内から見渡すことのできる干潟に生息する生き物達の生態がわかるジオラマや野鳥公園の成り立ちを知ることのできるパネルを設置しています。

センター内からトビハゼやカニなどの生き物を実際に観察することができるのも、ここの楽しみの一つ。もし足をお運びになる機会がございましたら、ぜひ、実物と模型を見比べてみて、貴重な東京湾の自然の豊かさを肌で実感してみて下さい。(納品:平成28年8月)